1. 医師求人のDtoDコンシェルジュ
  2. DtoD会員に関するアンケート結果

DtoD会員に関するアンケート結果

会員限定コンテンツ 全国の医師463名に聞きました 他の医師はどうやって選んでいるの? ~年代別 職場選びで重要視すること~

1.医師の興味の対象 【POINT】20代はノウハウ、30代はキャリアアップ、40代は50代では開業や病院経営、60代は専門の医療から生活関連まで幅広く情報収集

下図は、自由回答形式で募集した「現在興味があること」への回答をカテゴリに分けた表です。
年齢によって割合は変化するものの、大半がキャリアアップと求人に大きな関心を寄せているという結果でした。

現在興味があること

世代別にご意見をまとめると以下のような傾向が見て取れます。

■ 20代~30代前半
医師として、社会人としてスタートを切ったばかりの20代~30代前半では医療のことはもちろん、
PCスキルやマナーなど一般常識にも興味を持っているようです。
【オススメコンテンツ】
若手Dr.のためのヒント集。マナーやコミュニケーション術を話題の人が伝授します。
当社独自の情報に加えて、病医院向けサポート事業の協力企業群を情報源として持ち、多様な求人情報をご提案できます。
■ 30代後半~50代
開業を具体的に検討したり、病院の運営に関わりが深くなる30代後半~50代ではより現実的・実務的な内容に興味を持つ方が増えています。また製薬企業や産業医に興味をもつ方も多いようです。
【オススメコンテンツ】
開業支援2000件以上と実績No1の当社が開業についてのお悩み・ご質問にお答えします。
医療機関に求められる経営戦略とは何かについて、講師を交えて考えていくセミナーです。
医業経営についてのお悩み・ご質問などお気軽にご相談ください。
当社独自の情報に加えて、病医院向けサポート事業の協力企業群を情報源として持ち、多様な求人情報をご提案できます。
■ 60代
60代になると、資産運用や継承など老後の設計も視野に入れながら、専門の医療から趣味まで幅広く情報収集を行う方が増えています。
【オススメコンテンツ】
後継者を見つけたい。地域のために医療機関を存続させたい。後継者はいるが、スムーズな医業継承ができるだろうか。
そんな時は、総合メディカルにご相談ください。

2.職場選びで重視すること 【POINT】1位 勤務地、2位 給与

転職・開業を選択する際、どんなことを重要視して決断しているのでしょうか?こちらも年代別で変化が見て取れました。

職場選びで重視すること

職場を選ぶ際は年齢に関係なく、勤務地と給料に比重を置く方が多いようです。
世代別にご意見をまとめると以下のような傾向が見て取れます。

■ 20~30代
「専門の経験が積める」「教育環境」の割合が高く、スキルアップ重視の傾向が見られます。
■ 40~50代
「職場の人間関係」「給料」の割合が高く、勤務先でのポジションや実力に対する評価重視の傾向が見られます。
■ 60代
「余暇」「自然環境」「勤務地」の割合が高く、希望とする医療や生活スタイルを実現する環境重視の傾向が窺えます。

3.希望勤務地 【POINT】60代で大都市から地方へ

希望勤務地は大都市圏にならんで、リゾート地が人気なようです。
1位は東京ですが、2位の神奈川と3位の北海道はほぼ同数、4位京都、5位沖縄、6位大阪、7位兵庫、8位福岡、9位埼玉、10位愛知となり、関東でも千葉が11位という結果になりました。

希望勤務地

職場選択の際、一番重要視されていた勤務地について、年代別で希望地域の変化がありました。

希望地域

■ 20代~30代で関東・関西の都市部に興味が集中
教育環境や利便性を求めて都心部を選ぶ傾向はありますが、現在住んでいる地域への興味も高く、住み慣れた地域や故郷で自身の理想とする医療を作り上げる方も増えてきているようです。
■ 40~50代で北陸希望減・九州希望増、60代で関東希望急減
年齢が進むにつれ、希望地域が全国に分散していく傾向があるようです。

知識や技術を身につけたベテラン医師が、新たな環境を求めて地方で活躍することで、医療の地域格差は解消になるだけでなく、魅力的なベテランがいることで、研修先を求める若手医師が地方を選択するといった事例が増えていくのではないでしょうか。

失敗しないための医師転職ガイドラインはこちら