1. 被災地医療から考える未来の地域医療

ルポ 被災地医療から未来の地域医療

記事一覧

原澤 慶太郎 医師(南相馬市立総合病院勤務)

原発事故の影響による超高齢化社会の縮図に直面した南相馬市立総合病院の決断

原澤 慶太郎 医師
(南相馬市立総合病院勤務)

「DtoD」第10号(2013年10月1日発行)より

  • 記事を読む
伊藤 達朗 医師(岩手県立大船渡病院院長)

「住民」「自治体」「医療者」の対話が被災地の地域医療を建て直す鍵

伊藤 達朗 医師
(岩手県立大船渡病院院長)

「DtoD」第11号(2013年12月1日発行)より

  • 記事を読む
小早川 義貴 医師(国立病院機構災害医療センター臨床研究部)

避難住民の不安軽減と健康管理全般に対応する『よろず健康相談』を発案

小早川 義貴 医師
(国立病院機構災害医療センター臨床研究部)

「DtoD」第12号(2014年2月1日発行)より

  • 記事を読む
高橋 昌克 医師(釜石市保健福祉部付部長、釜石のぞみ病院医師)

「安心」を備えた仮設住宅が地域コミュニティのモデルに

高橋 昌克 医師
(釜石市保健福祉部付部長、釜石のぞみ病院医師)

「DtoD」第13号(2014年4月1日発行)より

  • 記事を読む