1. 森田 茂樹(国立大学法人 佐賀大学医学部附属病院 病院長 胸部・心臓血管外科 教授)
森田 茂樹(国立大学法人 佐賀大学医学部附属病院 病院長 胸部・心臓血管外科 教授)
バックナンバー

森田 茂樹

(国立大学法人
佐賀大学医学部附属病院
病院長
胸部・心臓血管外科 教授)

心臓外科の名医が挑む
先進の地域医療

実践の場を求めて移植先進国アメリカへ留学し、心臓移植をはじめ、数多くの手術を経験。
帰国後、九州で一例目となる心臓移植手術を成功させる。
やがて佐賀を本拠地と定め、病院長という重責を担いながらも、世界最先端レベルの医療技術の提供をめざす森田の思いに迫る。

プロフィール

森田 茂樹(もりた しげき)

経歴

昭和55年 九州大学 医学部卒業 同大学 心臓外科入局
昭和61年 南カリフォルニア大学附属病院 心臓血管外科留学
平成元年 ピッツバーグ大学 外科留学
平成 4年 九州大学 心臓外科 助手
平成 7年 九州大学病院 心臓血管外科 講師
平成15年 九州大学大学院 循環器外科 助教授
平成17年 国立病院九州医療センター 心臓血管外科 医長
平成20年 佐賀大学 医学部 胸部心臓血管外科 教授
平成24年 佐賀大学 医学部附属病院 副病院長
平成26年 佐賀大学 医学部附属病院 病院長

所属学会等

日本胸部外科学会(評議員)、日本心臓血管外科学会(評議員)、日本循環器学会
日本人工臓器学会(理事)、日本移植学会、日本小児循環器学会
日本外科学会(代議員)、国際心臓・肺移植学会
米国胸部外科学会(Society for Thoracic Surgeon)

森田 茂樹(もりた しげき)

部活で培った実力主義が医の道の信条に

医学部正門を入ると、右手に白を基調にした3階建ての建物が見えてくる。壁面に太陽光パネルを設置し、水平ラインを強調した先進的なデザインは、敷地内でもひときわ目を引く。2014年1月から運用を開始した佐賀大学医学部附属病院の南診療棟である。南診療棟は、救命救急センターや集中治療部、手術部などを配置。屋上にはヘリポートを備える急性期医療、救急医療の心臓部だ。

今、佐賀大学医学部附属病院はさまざまな改革を進めている。施設・設備といったハード面だけではない。独自のシステムで管理会計解析をおこない、手術部看護師に時差出勤を導入するなど、ソフト面でも改革を進め、604床で手術数を年間6000例超に伸ばした(平成24年度実績)。また、手技料を術者に還元するなどのインセンティブ制をいち早く導入。県内外からの問い合わせが後を絶たないという。

この大学病院を病院長として率いるのが、九州で初めて心臓移植を成功させた胸部・心臓血管外科医、森田茂樹である。 森田の先祖は熊本の藩医で祖父は開業医だった。しかし父は医師の道を選ばず生物学者になった。そのため、森田自身は医師の家系に育った意識はなかったが、高校に入学した頃から医師に興味を抱くようになり、大学は九州大学医学部に進学する。

森田は、中学・高校時代からバスケットボール部の選手として活躍した生来の体育会系。大学でも医学部のバスケットボール部に入部した。

「全学の運動部に比べて、医学部の運動部は格下に見られがちでした。でも、試合で実力のあることがわかったら、相手の態度が変わったんです。そのとき思いましたね。肩書きは関係ない。実力があれば人は認めてくれるものなんだと」この体験は、森田が医師として歩むうえでも一つの信条となった。

また、彼が専門を心臓外科に決めたのも、部活動の影響が大きい。 「部活の練習で、昨日より今日、今日より明日と進化を求める過程が、外科医が手技・手法を磨く過程に似ていて、自分に向いている気がしたのです」スポーツマンらしい選択である。

医師人生の支えとなった留学で得た知見と経験

大学卒業後、森田は九州大学医学部心臓外科に入局。求道の一歩を記す。  実践の場で実力を身に付けたいと思っていた森田の目は、早くから世界に向けられる。卒後2年目の秋、日本人は受からないと言われていた当時のアメリカ医師国家試験、米国VQE (Visa Qualifying Examination)に挑戦。見事合格したのだ。これが森田のターニングポイントとなった。

1986年、森田は南カリフォルニア大学附属グッドサマリタン病院にクリニカルフェローとして留学。心臓弁膜症治療の大家、Dr.Kayの下で新たなキャリアを開始した。当時、グッドサマリタン病院では毎月約100例の手術がおこなわれており、Dr.Kayは僧帽弁の形成術を積極的におこなっていた。森田はここで熟練外科医の巧緻を極めた手術・手技を会得する。

「3年目にDr.Kayからアメリカに残らないかと誘われました。しかし、アメリカに残って胸部外科の術者として独り立ちするには、まず、いわゆる一般外科専門医の資格を取得しなければならなかったのです。それを取得して初めて、胸部外科専門医を取る資格が与えられる。しかも、一般外科専門医の資格を得るには、最低5年間のトレーニングを受ける必要がありました」 戸惑いはあったが、森田は、レジデントとして受け入れてもらえそうな病院を尋ねてみることにした。

九州大学の先輩、藤堂省を頼って立ち寄ったのが、当時、移植技術の最先端を走っていたピッツバーグ大学だった。幸運にも面接してもらえることになった森田は、大胆にも「アメリカで心臓移植を経験し、日本にその技術を持ち帰りたい」と直談判する。

「本気半分、勢い半分でしたが、1年間、肝臓移植部門でフェローとして働けば、2年目には心臓移植部門にポジションを用意してもらえることになりました」
当時、ピッツバーグ大学の肝臓移植部門を率いていたのは、肝臓移植の権威、Dr.Starzl。肝臓移植だけのICUが3つもあった。夕方5時になると当直体制に入り、引き継ぎもないまま医師がいなくなる。当直のフェローがすべてのICUと病棟の患者を担当しなければならない。まだ肝臓移植の経験がなかった森田は、見よう見まねで切り抜けるしかなかった。

「過酷な毎日でしたが、当時、年間500例の肝臓移植をおこない世界一と言われていたピッツバーグの肝臓移植部門で働いた経験は、大きな自信となりました」

2年目、心臓移植部門にポジションを得た森田は、ここで心臓移植をはじめ、人工心臓の植え込み、肺移植など数多くの手術を経験する。それは、John Armitageという若い医師のおかげだった。普通、医師たちは「Have you done this?(この手術の経験はあるか?)」と聞き、経験のないフェローには執刀させない。しかし彼は「Do you want to do it ? (手術をしたいか?)」と聞き、森田が「Yes」と答えれば初めての手術でも執刀させてくれた。

「アメリカの医療保険制度では、フェローが手術しても、責任は第1助手としてつく専門医にありますから、彼の器の大きさを感じました。私もいつか、彼のような外科医になりたいと思いました」

留学時代に得た知見や経験は、森田の医師人生を支えるバックボーンになっているという。 「アメリカと日本の文化の違いは医療にも反映されています。たとえば、アメリカでは患者さんが助からないと執刀医が判断したらすぐに延命措置を停止しますが、日本ではありえないことです。私は留学により、アメリカと日本の2つの軸を持つことができました。物事を考えるとき、その両方から検討して判断できるのは私の強みとなっています」

13年待ってようやく叶った日本での心臓移植

アメリカでの体験を日本でいかしたいと、1992年、森田は九州大学医学部心臓外科に戻る。しかし日本は「臓器移植法」施行前。ピッツバーグ大学で日夜研鑽を積んだ心臓移植手術の技術は使えない。だが、それは森田にとって大きな問題ではなかった。

「心臓移植ができなくても、心臓外科医としてやるべきことはある」 森田は、冠動脈バイパス手術や弁膜症、虚血性心疾患など、重症者への難易度の高い手術を次々に手掛けた。中でも僧帽弁の形成術は、Dr.Kayから学んだ世界トップレベルの手技で貢献。積極的に後進の指導にもあたった。

もちろん、心臓移植もあきらめてはいなかった。倫理的な議論もあったが、ピッツバーグで移植によって命を救われた人たちの笑顔を見てきた森田は、実績によって認識を変えられると信じていた。

「できることからやってみようと思いました。まず、九州大学が心臓移植実施施設に認定されることをめざして、犬を使った動物実験から始めました。その後おこなった小動物での心臓保存実験は、論文を書いて学会で発表しました。こうした実験や研究によって臨床のレベルがわかりますから、認定にも有利に働いたと思います」

また、九州大学でも人工心臓の植え込み手術ができたことから、実績をつくり、患者を心臓移植適用リストに上げた。心臓移植につながることを期待してのことだった。 こうした努力が認められ、2003年、九州大学は心臓移植実施認定施設となる。

そして、2005年2月15日。外出中の森田の携帯電話が鳴った。日本臓器移植ネットワークからだ。横浜でドナーが出て、森田のレシピエントが移植優先順位1番だという。森田は、はやる気持ちを抑えて病院に駆け戻った。 チーム内に心臓移植の経験者は森田だけ。ピッツバーグで何度も経験したことのある森田でも重圧は大きく、失敗したら辞める覚悟だった。

「私を含め7人の摘出手術班で横浜に向かいました。心臓の保存時間は4~5時間しかありません。ドナーから心臓を摘出できたら、すぐに福岡に連絡してレシピエントの開胸手術に入ってもらいました。スタッフを信じていましたが、福岡に戻る飛行機の中は携帯電話も通じないので心配でしたね。13時間に及ぶ大手術でしたが、無事に成功してホッとしました」

九州で心臓移植が成功した意義を尋ねると、柔らかな表情で語っていた森田の目が強くなった。 「症例数だけ見れば0が1になっただけですが、その1は単なる1ではありません。後進の医師たちにとって、まず1症例を経験できたことは意義深いことでしたし、九州で心臓移植を待つ人たちに希望を与えることができました」

佐賀で世界最先端レベルの医療技術の提供をめざす

九州で最初の心臓移植を成功させ、一つの役割を終えたと感じた森田は、新しい境地を求めて国立病院機構九州医療センターに籍を移す。環境は整っていたが、部下の多くが大学からの派遣であったため、後進を育ててもいずれ大学に戻ってしまう。教えることが好きで、技術の継承に自分の役割を見い出しつつあった森田は、大学病院のほうが貢献できる場があるのではないかと思うようになる。その頃、関心を寄せていたのが佐賀大学だった。

「佐賀大学は、胸部・心臓血管外科の伊藤翼教授の下で、優秀な人材がたくさん育っていました。ここなら、アメリカでの経験を何らかのかたちでいかせると思ったのです」
2008年、佐賀大学医学部胸部心臓血管外科教授に着任。臨床と基礎研究で後進の指導に尽力する。そして2014年4月、佐賀大学医学部附属病院の病院長に就任。佐賀県の地域医療の中核を担う病院のトップとして、手腕を振るうことになった。

同じ大学病院でも、都市と地方では担う役割が異なってくる。人材確保が困難な地方では、大学病院が医療の質の向上と均てん化を先導しなければならない。森田が先進医療に積極的に取り組む理由もそこにある。

「病気には都市も地方もありません。佐賀でも世界最先端レベルの医療技術が提供できることを示したいと思っています。そのためには、トップのレベルを知ることが大事。そして自分たちのレベルを自覚し、さらなるレベルアップをめざす。その道筋をつけるのが私の役目だと思っています」

新しく運用を始めた南診療棟の手術部は、内視鏡下手術用ロボット「ダ・ヴィンチ」をはじめ、3D内視鏡対応手術室、ハイブリッド手術室を完備し、最新の医療技術に対応できる。2014年8月と9月には、植え込み型の人工心臓手術を1例ずつ成功させた。TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)も認定施設となり症例が増えている。

「こうした手術は、循環器内科と心臓外科の混成、いわゆるハートチームで進めています。ハートチームは外科と内科の連携が難しいのですが、当病院では、人工心臓手術の場合、手術の翌日から循環器内科で診ています。TAVIは8例目までは外科の医師が手術をしましたが、9例目からは循環器内科の医師がおこなっています」

診療科の垣根を越えて、患者にとってベストな治療法を提供しようとする意識や文化が現場の医師たちの間で育まれつつある。森田に今後の展望を尋ねると、次のような答えが返ってきた。

「当病院は、地方の大学病院でも一、二を争う充実した設備を実現しました。今後は、さらに高い標準をめざした医療の質の改善に努めます。また、佐賀県はコンパクトな県なので、県や医師会、地域の病院との連携がとりやすい。県単位での医療データの共有など、全国のモデルとなるようなシステムを構築し、佐賀から発信していきたいと考えています」

若手医師へのメッセージ

自分が楽しい、おもしろいと思えるテーマを早く見つけてほしいと思います。何らかの小さな成功体験が積み重なっていけば、それが自分の力になり、自分で自分のポジティブフィードバックがかかっていく。また、臨床でも研究でも、楽しい、おもしろいというスタンスで一生懸命やっていれば人が尋ねてきます。人に聞かれれば自分も勉強するから、さらに力が付いてくる。人生には必ず岐路があります。私はその時々で、おもしろそうだなと思うほうを選んできました。今振り返ると、大変なほうを選んでしまったなということもありますが、そのときの苦労が自分の力になっています。好奇心を大切に、やりがいのあるテーマを見つけてほしいですね。

 

最新号はデジタルブックで!