ドクターあるあるアンケート「医師の恋愛についての意識調査」

全国の医師に「恋愛」について、男性医師・女性医師に意識調査アンケートを行いました。

実施
: 総合メディカル株式会社
調査期間
: 2015/6/30~2015/7/7
調査対象
: DtoD医師会員
年代 20代 30代 40代 50代 60代
以上
合計
回答数 11 84 105 110 14 334

女性の結婚相手の人気職業ランキングで、常に上位にいる医師。高いステータスと収入、安定性と、何をとっても不足はなく、人気があるのは当然といえるでしょう。
では、当の医師たちの恋愛事情はいったいどのようになっているのか。今回のアンケートでは、その実状を探ってみました。
いい相手がいなくて困っているという医師の方、何か参考になるかもしれません。

【質問1】パートナーとの出会いのきっかけ何ですか?(既婚・交際相手がいる方)

回答 回答数 割合
職場12744%
友達の紹介3913%
友達3512%
お見合い2910%
合コン186%
趣味のつながり135%
インターネットを介して72%
上司の紹介31%
婚活パーティー21%
結婚相談所21%
飲食店10%
その他155%

※各回答の割合は小数第1位を四捨五入した値です。

アンケート結果

特徴的に多いのが、約44%を占めている職場での出会いでした。2011年に国立社会保障・人口問題研究所が発表した「第14回出生動向基本調査」によれば、2010年の日本人の職場結婚の割合は約30%なので、それと比較すると、44%という数字の高さがわかります。
やはりハードな業務ゆえに出会いが少なく、自然と職場内での交際が始まるのかもしれません。なお、後ほどご紹介するアンケート結果から「若手医師と看護師のカップルの多さ」も裏付けられましたが、それがまたこの割合を高めているのかもしれません。

また、人口問題研究所の調査結果では日本人のお見合い結婚率が約5%に対し、医師の場合は約10%近くに上ります。お見合いというと、家柄や世間体といった、やや保守的なイメージもありますが、それは医師の考えというよりも、出会いの機会に恵まれない結果お見合いを選ぶという要因の方が大きいのかもしれません。

【質問2】同棲をしていない未婚の方にお聞きします。交際相手とは月に何回会いますか?

回答 回答数 割合
0 回927%
1~2 回1134%
3~5 回824%
6~10 回13%
11~15 回26%
ほぼ毎日26%

※各回答の割合は小数第1位を四捨五入した値です。

アンケート結果

1ヵ月間で会う回数が2回以下が約60%、さらに1回も会わないのが30%弱というのは、業務の状況を考えれば仕方ないかもしれない。と、うなずける部分はありつつも、余計なお世話かもしれませんが、果たしてそれで付き合っていると言えるのでしょうか?と、やや心配にはなってしまいますね。

未婚で交際相手がいるという条件から、おそらく若手医師が多いのだろうと推測されますが、その場合長時間労働や不規則な休日、さらに休みの日でも不測の呼び出しがかかる状態で、交際相手と会う時間をつくりづらいのは仕方のないことかもしれません。
とはいえ、仕事に不安を抱えがちな若手医師にとっては、心を許せる交際相手と過ごす時間は、精神衛生面でもプラスの効果があるはず。そのための労働時間や休日への職場環境の向上が望まれますね。

【質問3】過去に交際経験のあるパートナーの職業は何ですか?

こちらの記事を閲覧するには会員ログインが必要です
会員登録する(無料)
ログインして閲覧する

【質問4】現在の婚姻状況を教えてください。(年収別)

こちらの記事を閲覧するには会員ログインが必要です
会員登録する(無料)
ログインして閲覧する

【質問5】現在、交際相手がいない方にお聞きします。交際相手を探す方法や出会いの場所はどこですか?

こちらの記事を閲覧するには会員ログインが必要です
会員登録する(無料)
ログインして閲覧する