開業医、開業希望医、必見!在宅医療の質を高めるアイデア集

【第5回】 連携

>>一覧はこちら

夜間対応システムを連携診療所と共有
~医療法人社団悠翔会(東京都港区ほか) 佐々木 淳 理事長~

夜間対応専門の部署を編成し、24時間体制の効率性を上げる

医療法人社団悠翔会 佐々木 淳 理事長医療法人社団悠翔会 佐々木 淳 理事長

一都三県で10の在宅療養支援診療所を展開する医療法人社団悠翔会では、夜間対応専門の「救急診療部」を設置している。昼間の診療を担う主治医とは別の非常勤医が中心で、事務当直と2人1組体制だ。

「夜間対応専門の人を雇うのでコストもかかりますし、マネジメントにも手間が発生します。しかも、それだけのコストと手間をかけても夜間の緊急コールや往診が必要なケースは決して多くなく、不経済な仕組みだと感じていました。在宅医療において最も効率が低いのは夜間対応。この課題の解決が、在宅医療を充実化させるために必須だと思ったのです」

佐々木淳理事長は、在宅医療に取り組む法人外の診療所と連携を図り、夜間対応の救急診療部の機能を共有することを決断。現在は複数の診療所と連携し、1000人以上の患者の夜間対応を担っている。

夜間対応機能をシェアするにあたって課題となったのが情報共有。病名や検査データといった医学的内容にとどまらず、治療方針や生活背景、本人や家族の状況など幅広い情報を踏まえた対応が求められるからだ。そこで、同法人がシステムベンダーに依頼してつくった電子カルテ「HOMIS」を患者情報プラットフォームとして位置づけ、連携先の診療所との情報共有を図っている。

同システムは、夜間対応の時間になったら、当直担当の医師が連携先の診療所のカルテを閲覧できるように自動で切り替わる仕組み。IDとパスワードによってすべて管理されており、昼間の時間帯や当直以外の医師は閲覧できないようになっているので、連携先の診療所も安心して使用できる。

また、連携診療所の医師同士で毎月1回のカンファレンスを開催。新規患者の情報を確認したり、ケースカンファレンスを通じて議論し、考え方のすり合わせを行っている。

主治医に安心感を与えた結果、看取り・重病者対応が充実

こうした取り組みの結果、1診療所当たりの夜間にかかるコスト削減だけではなく、連携先の各診療所の患者数および看取り数の増加にもつながった。佐々木理事長はこの背景には主治医の安心感があるとし、こう続ける。

「私も経験がありますが、1人で診療を続けていると体力的にもつらく、不安も大きいので自然と患者数をセーブしてしまいますし、重症で夜間呼ばれるリスクの高いような患者さんはできるだけ受けたくないと思ってしまいます。ですが、夜間休日も含めて1人で診なくていいと思えばそれまでより多くの患者さん、しかも重症な方にも対応できるようになり、結果として看取りも増えるのだと思います」

患者やその家族からはクレームはほとんどないほか、満足度も高い。

さらに佐々木理事長は「一般社団法人次世代在宅医療プラットフォーム」を立ち上げ、夜間対応の仕組みを公益性の高いものにしていくことを目指している。

「より多くの方に夜間対応のシェアにご参加いただくには、『悠翔会の夜間対応システム』という位置づけから、より公益性の高い『地域のインフラ』にすることが不可欠です」と佐々木理事長。連携診療所の数を増やして時間外対応を一元化するとともに、当直拠点を増やしてより多くの在宅患者に対応していく計画だ。また、在宅医療の運営・開業支援や研修・学習の支援なども行い、持続可能な在宅医療提供体制の構築に貢献していく。

最新クリニック総合情報誌「CLINIC BAMBOO ばんぶう」 8月号

最新クリニック総合情報誌「CLINIC BAMBOO ばんぶう」 8月号

特集1
在宅医療の効率性を“150%”上げる!!
訪問診療のアイデア30


●医療法人社団鴻鵠会 睦町クリニック
●医療法人鳥伝白川会 ドクターゴン鎌倉診療所
●医療法人かがやき 総合在宅医療クリニック
●医療法人三つ葉 三つ葉在宅クリニック
●えびす英クリニック
●やまと@ホームクリニック
●医療法人おひさま会 おひさまクリニック青葉台
●訪問診療ネットワーク 医療法人社団春和会 もくれんクリニック
●医療法人慶春会 福永記念診療所
●医療法人社団プラタナス 桜新町アーバンクリニック

◆経営トップの仕事術
岡本和久氏(医療法人社団桐和会 社会福祉法人桐和会 理事長・千葉大学医学部客員教授)

◆診療所ICT最前線を行く!!
くるみクリニック

◆女性医師の働き方改革!!
女性医師座談会

◆学会レポート
第19回日本在宅医学会大会

その他役立つ記事 多数収録!!
詳細URL:http://www.jmp.co.jp/bamboo/new/

■毎月1日発行
■体裁 A4変型/88頁
■定価:1,080円(税込)/定期購読:12,960円(税込)
■ご購入方法
御申込はコチラから
http://www.jmp.co.jp/shop/products/list.php?category_id=80

記事提供
株式会社日本医療企画
〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町 4-14 神田平成ビル