1. クリニック経営のヒント
  2. 組織を活性化する会議術
  3. 【第6回】会議術~決定事項の具体化・具現化(2)

組織を活性化する会議術

【第6回】 会議術~決定事項の具体化・具現化(2)

>>一覧はこちら

内山惠司(医療法人社団翔洋会 辻内科循環器科歯科クリニック 事務局長)

ポイント
  • 会議を通じて人を育て 職員が自身の役割を理解し、実行できる組織に

グランドデザインは「できたら終わり」ではない

前回、会議で決まった事項を推進するために重要なグランドデザインの策定について説明しました。しかし、グランドデザインは「出来上がったらそれで終わり」ではありません。というのも、グランドデザインはあくまで総論です。そのままでは具体性に乏しく、実行に移すことはできません。そこで、グランドデザインの中身をカテゴリーごとに分割することで各論部分に切り分け、それを各部署、各専門職に降ろしていく作業を行います。

そして、各部署、各専門職は各論部分について、PDCAサイクルを回しながら「実行するための議論」を行います。それを再度グランドデザインにフィードバックしていきます。

こうしたプロセスを繰り返すことで、最終的にグランドデザインが具体的な実施計画へと進化していくのです。そうすることで、結果として各部署にもグランドデザインが定着し、上から細かく指示を出さなくても、自分たちの役割を理解し、職務に当たることができるようになるのではないでしょうか。

「線」でつながり それがいつか「起点」に戻る

6回にわたって連載した内容は、私の考えや当事業所での経験に基づいた知恵を、取捨選択してきたものです。主観的な部分も多く、また会議は事業所のあり方や会議の種類、特性によってその性格が異なるため、すべての会議に私の方法論が当てはまるわけではありません。

しかし、今回のテーマである「会議を通じて人を鍛える」という視点で考えると、一定程度は参考になるのではないかと思います。抽象的な表現かもしれませんが、すべては「点」ではなく「線」でつながり、かつその線はいつか最初の「起点」に戻っていくという仕組みをつくること、そして「継続」していくことが重要なのです。それにより、上層部・中層部・下層部が同じ目的やマインドを共有することができ、ひいてはそれが、それぞれの役割のなかで「ヒト」が鍛えられていく基盤になるのではないかと考えています。

事業所が変われば事業特性や経営トップの考え方も変わり、役割やプロセス、アプローチ方法も異なります。ですが、この連載が少しでも皆さまの今後のお仕事のヒントになればうれしいです。

内山惠司(うちやま けいじ)
1971年、千葉県生まれ。93年、中央医療技術専門学校卒業後、東京医科大学霞ヶ浦病院放射線科入職。99年、霞ヶ浦成人病研究事業団出向。2001年、東京医科大学霞ヶ浦病院帰職。03年、医療法人社団翔洋会辻内科循環器科歯科クリニック放射線科入職。同年より臨床福祉専門学校外来講師。08年、医療法人社団翔洋会辻内科循環器科歯科クリニック事務長、13年、同事務局長(併任)に就任

最新クリニック総合情報誌「CLINIC BAMBOO ばんぶう」 9月号

最新クリニック総合情報誌「CLINIC BAMBOO ばんぶう」 9月号
特集1
結果・実践につなげる !!
スタッフを動かす会議術
Part1:解説●診療所版 結果を出す会議術
小野 ゆうこ(株式会社つくるひと代表取締役)
Part2:提言●退屈な会議を一変させる 9つの“黄金フレーズ”
堀 公俊(堀公俊事務所代表、日本ファシリテーション協会フェロー)
Part3:実践●完全密着 !! 診療所の会議実況中継
医療法人コムニカホームケアクリニック横浜港南、
よこはま内科小児科クリニック
◆経営トップの仕事術
田村 豊氏(医療法人めぐみ会 理事長)
◆診療所ICT最前線を行く !!
医療法人社団順洋会 武蔵野総合クリニック
◆女性医師の働き方改革 !!
制度紹介「女性医師・事業主のための各種制度の活用のススメ」
◆BAMBOO PickUp REPORT
21世紀診療所経営倶楽部 キックオフセミナーin札幌

その他役立つ記事 多数収録 !!
詳細URL:http://www.jmp.co.jp/bamboo/new/

■毎月1日発行
■体裁 A4変型/88頁
■定価:1,080円(税込)/定期購読:12,960円(税込)
■ご購入方法
御申込はコチラから
http://www.jmp.co.jp/shop/products/list.php?category_id=80

記事提供
株式会社日本医療企画
〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町 4-14 神田平成ビル